ThinkPad MOD x210 その11 バッテリー容量と保ち

目次
(1)x210の電源管理について
(2)使用するバッテリー
(3)BBench使用時の条件
(4)BBench実行結果
(5)BBenchで見られた傾向
(6)今後の対応

(1)x210の電源管理について
 1.Lenovo正規マザー程の精度では無い。
 2.フル充電が出来ないっぽい。

この2点が難点として挙げられているようです。
まずは、実際にどの程度電池がもつのか簡単に試験してみました。
フル充電のチェックは稼働するx201を持っていないと出来ないため実施しない予定です。

(2)使用するバッテリー
以前x210用に購入した公称5200mAhのバッテリーは固定ツメが破損して使用出来なくなりました。
バッテリーは無事だったのですが、取り付けるとツメが動かないので外すのにえらい苦慮するという。
というわけで手持ちの古いバッテリー(6セル)を利用しています。

ybinfoで確認すると
12.395mV,47520mWh → 3833.8mAh。
ざっくり25%消耗の残75%くらいのバッテリー状況かと思います。

(3)BBench使用時の条件
電源設定は最大のバッテリー残量
電源プランはバランス(推奨)
液晶輝度は50%固定
web巡回ON
キー押しON
BlueTooth ON
液晶は電源オフしない。
満充電後windowsを再起動。起動後、ファンの動きとCPUの温度変動が落ち着いたら
BBenchを実行し即AC切断。

という条件で実行します。

(4)BBench実行結果
開始時 97% → 6493秒(1時間48分)で 9%
バッテリーの消耗を考慮すると
6493/(97-8)x100/75x100=8657秒(2時間44分)
注:バッテリー使用100%換算=/(97-8)x100
注:バッテリー消耗換算=/75x100

昔のPCはバッテリーの保ちが今ほどでは無いのですが、
x201のBBenchの結果を検索すると4セルで3.5時間程度です。
換算でx201は6セル5.25時間としてもx210はその半分であり、かなり厳しい結果です。
2時間しかバッテリーがもたないノートはPenI~IIIぐらいの時代のノートを思い出します。

(5)BBenchで見られた傾向
しかしながら、BBenchの結果をグラフで確認するとバッテリーが70%を下回ったころから
急にバッテリーが消費される現象が確認されています。

画像


これが無ければバッテリー使用100換算と消耗換算で6.6時間程度になります。
この急激な減少がバッテリーの劣化であるならば新しいバッテリーに交換すれば
改善されますが、そうでない場合は原因を調べる必要があります。

(6)今後の対応
9セルの新品を購入して再度ベンチマークを実施したい。
これなら、もし70%以下の急激なバッテリー消耗が回避できなかったとしても
計算上は4時間くらいもつはずです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いの
2019年03月01日 18:40
Web巡回の設定をミスったため時間と共にシステム負荷が増えていました。ベンチし直します。

この記事へのトラックバック